メニュー

当院の特長

小児科の専門医が、責任を持って診療します。

大人とこどもでは、一見同じに見える病気であっても、対処法や治療法が全く異なることがほとんどです。
わんぱくクリニックでは、小児の診療を専門とした医師が、専門医としてのプライドを持って診療に当たっています。

診断や治療、育児アドバイスについて、責任感を持って診療に当たります。
単に「様子を見ましょう」とだけ告げるような、無責任な診療は行いません。
仮に様子を見る場合であっても、いつまで様子を見るのか、どういったときには再診すべきなのかを、しっかりと伝えます。

「病気を治す」ではなく「患者さんを治す」

病気だけを見るのではなく、お子さんの全体を見ながら、お子さん1人1人の成長・発達に必要な治療やアドバイスをしていきます。
ですので、受診するまでご両親が思いもよらなかったことについて、アドバイスさせていただくことがあるかもしれません。

健診・予防接種

乳幼児健診や予防接種は、お子さんが健やかな人生を送っていくために、なくてはならないものです。
複雑なスケジュールについて、適切なアドバイスをします。

子育て支援

小児科クリニックとしての責務は、お子さんの病気を治すことだけではありません。
ご両親がお子さんを安心して育てることができるようになるための社会貢献も、小児科クリニックが担うべき責務と考えます。

わんぱくクリニックでは、病児保育を併設しています。
普段、保育園に通っているお子さんが感染症に罹患し、保育園を休まなければいけなくなった際に、お子さんをお預かりすることができますので、ご両親は安心して、お仕事に専念なさって下さい。

※病児保育でお預かりできるお子さんには、年齢や疾患の程度などについて、いくつかの条件があります。
詳しくは、クリニックまでお問い合わせ下さい。

アレルギー診療

小児アレルギー科として、常に最先端であるための努力を怠りません。
小児アレルギー専門医を中心に、学会での発表や啓蒙活動を今後も続けていきます。

また、千葉大学小児科と連携し、食物アレルギーを初めとした小児アレルギー疾患の治療・食事指導ついて、様々な新しい試みをしています。

※千葉大学小児科:教授が小児アレルギー専門である数少ない大学であり、アレルギー診療に特に優れている大学病院小児科です。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME